うーたんが来て一年

昨年の今頃、うーたんはSママの袋に入り地下鉄に乗ってやって来た。まずはテーブルの上に袋を置き、ファスナーを開けて自分から出てくるのをSママ、私、スポと少し神妙な気分で待つ。袋は動くがなかなか出て来てくれません。スポは袋の中が気になって仕方がない様子。この後、攻撃されるとも知らず(笑)しばらくするとモソモソと出てきましたよ。痩せてて可愛い黒い子猫が。背中を丸めてカーシャーカーシャーとうるさいぞ。怖いのか?怖いだろうよ、初めての場所だもの。猫飼い経験の浅い我が家にとって、ぎんに続く2代目となるうーたん。先代のぎんが温厚な仔でカーシャーを聞く事が一度もなかったので、このカーシャーには正直不安がよぎる。しかし、すぽにはこの行動の意味がまったく理解できておらず、ただただ仲良くしてくて顔を近くに寄せた途端、パァ~ンチ!見事鼻に命中、負傷。
この時点で、2頭の上下関係は決まったのです。(早く決まって飼い主としてはひとまず安心)
しかし、この日の夜から翌日の8時までの24時間、我が家はこの小さな黒猫に振り回される事態になったのです。
明日に続く。。。
d0055858_10438.jpg
 布団を持ち上げる怪力猫。
[PR]
by hoppspo | 2005-09-14 01:01 |
<< うーたんの続き 検査の日 >>