苦手なもの

僕がこの世で一番怖い物は、ロケット花火の音とゴロゴロ雷と、台風の後の物凄く強い風なんだ。この3つとも少し前まではぜんぜん気にしなかったし、怖いなんて思った事なんかなかったのに、最近年のせいか苦手が増えて困ってる。ロケットなんか、音が聞こえる前に僕には匂いでわかるんだ。
そんな時は、いくら母さんが行こうとしてる方角でも頑張って踏ん張るんだ。「そっちは火薬の匂いがするんだよ!だから帰りたい」それにお母さんには聞こえないかもしれないけれど、遠くで微かに音もしてるんだ。
僕と同じように花火や雷が苦手な仲間が夏はパニックになったりして、迷子になる事が多いそうだ。その証拠に今年は随分大勢の迷子犬に会ったんだ。最近その仔達に会いに行く時は、僕も付き合ってあげることが多くなった。みんな家族と離れ離れになってさぞかし心細いだろうな、寂しいだろうな。殆どの仲間はお迎えが来てくれてお家に帰れるけれど、中には何時まで経ってもお迎えが来ない仲間がいるんだ。僕はそんな仲間にこの夏3回も会ったよ。
実は僕も以前 2度も迷子になった事があるから、仲間の気持ちはとってもよくわかるんだ。離れ離れになってしまった時の心細さや、会えた時のもの凄く嬉しい気持ち。母さんは僕の迷子や花火パニックで脱走させてしまった事を今でも恥じてるみたいなんだ。パニックになる事は、迷子になるだけではなくて、事故で命を落とす事もあるんだって。
いつもは母さんの側から絶対離れたりしない僕だけど、嫌いな音が聞こえてきたりしたり、そんな事言ってられないからね。リードは大切だよ
d0055858_1525036.jpg

若かりしき頃、僕はこの公園内の犬禁止区域である鳥類公園に迷い込んでしまった事がある。
[PR]
# by hoppspo | 2005-09-10 02:01

久々のお泊り(少し前の未公開日記より)

今年は僕の身体を心配してか、大好きなキャンプも行かないし、車でのお出かけといえば横浜の病院ばかり。でも、車に乗るのが好きな僕としては行き先に拘りはないんだ。何処でもドライブさえできれば満足。何時も僕の体調を気遣いこのところストレスもたまっていた(らしい?)お父さんとお母さんは久しぶりに大我や紙音のいる天城に行こうと張り切っている。それに今年はtaibonの家族に弟が出来たらしい。犬に関しては積極的で友好的な僕としてもどんなヤツか会うのが凄く楽しみなのだ。当日の待ち合わせは現地集合だったので、僕たちは渋滞を避け早めの出発ですんなり到着。天城高原は標高1400メートルの所にあるらしい。なので、東京より涼しくて快適快適。しかし約束の時間になってもtaibon達はなかなか来ない。お母さんの携帯が鳴り、渋滞にハマッタとか、今大磯とか話してる声が聞こえてきた。どうやらtaibon家は寝坊して渋滞に。でも、此処は涼しいし、広くて芝生も気持ちいいし、あちこち探索して待つのも僕にとっては凄く楽しい。
ベコニアガーデンが気になるお母さんは、そこが犬も入れると知り、僕も同行してあげたんだ。中に入ると適度にエアコンが効いていて、凄く気持ちがいいんだ。それに縫いぐるみが沢山で、僕は凄く興奮してきた。見てしまったら咥えたくて仕方がない。でも売り物だから咥えたらいけないんだと少しは理解して我慢してたら、お母さんがトナカイさんを咥えさせてくれたんだ。僕は嬉しくなってtaibon達を待ってる間中、ずぅぅーーと落とさないで、咥えていたんだ。このトナカイさんは少し汚れていてどうやら100円コーナーの品物らしい。どうりで気前がいいと思ったよ。
d0055858_029540.jpg

[PR]
# by hoppspo | 2005-09-08 00:30

無駄なものの続き

d0055858_171182.jpg

この長閑な公園の片隅で血生臭くそしてお恥ずかしい・・・が起こったのです
[PR]
# by hoppspo | 2005-09-07 17:01

世の中無駄なものなどありません。

暫くサボっている間に貴重な経験をいたしました。今回は飼い主の話です。
夏休みも今日で終わろうかという8月31日、スポとの夜の散歩に何時もよりかなり早めにでかけた時の事です。そろそろ帰ろうかと公園の坂道を歩いていたところ、ほんの数十センチの段差に足を取られ、不覚にも尻餅を。そしてこの後に貴重な、後で考えると恐ろしい体験が待っていました。

この長閑な公園の片隅で血生臭くそしてお恥ずかしい・・・が起こったのです。

近くでは数人の犬飼の方達が尻餅に気づき、こちらを見ています。飼い主は何事もなかったように素早く立ち上がり(物凄く恥ずかしかったので、この場から一刻も早く立ち去りたい一心で)歩き始めたところ、その場を見ていた(らしい?)数人の犬飼の方に声を掛けられました。
まだ余裕の飼い主は「大丈夫、大丈夫ですよ」と。内心は「声なんてかけなくていいのに」などと思いながら足を止めて少しお話を。
そうこうしてる間に、何だか生暖かい物が上から下に流れる感じ。。。なんじゃこれは!「ぎょぎょ、血だよ。血が出てるよ。なんでーー!それも大量だよ。」これには犬飼の方達も驚き、タオルを貸してくれたり、ティッシュをくれたりと皆さんの親切に飼い主恐縮しきり。
「平気平気、歩いて帰れますから・・近いし・・・」とこの時点ではまだまだのん気な飼い主。
しかし、言葉とは反対に出血は益々酷くなり、止まる気配すらない。ズボンは破れていないのになぁ?
「救急車を呼んだ方がいいわよ」と何方かの声が。「そ、そんな大げさですよー!(こんなことぐらいで呼ぶか~?)」とは言っては見たが、余りの大量出血に少々余裕もなくなってきた飼い主。その時の飼い主の脳裏には『大量出血で散歩中に飼い主死亡!』呼んでいただきましたよ。救急車初乗りです。
何処を何で怪我して出血したのかをお知りになりたい方はDMにてお訊ねください。(ここではこれ以上書けません)
タイトルの意味は、ご近所の犬飼は大切にしましょう。と、脂肪も時には身を助ける。
[PR]
# by hoppspo | 2005-09-07 16:57

引越しです。

サウンズaホピンを引越ししました。
と、言う事で今日から3日坊主にならによう仕切り直しです。
[PR]
# by hoppspo | 2005-09-07 16:46